プロフィール

やの鍼灸接骨院

Author:やの鍼灸接骨院
築45年以上の長屋の一室で、
待合室はトトロでいっぱい・・・
アットホームな雰囲気の施術所です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
月別アーカイブ
リスト

3月12日は・・・



お水取り
東大寺二月堂のお水取りは

奈良に春を告げ

古くから奈良の人々に親しまれる行事です.




お水取りとは?
 正しくは「修二会:しゅにえ」といいます。
「修二会」の法要は、
正しくは「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といい、
十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)を本尊とし、
「天下泰平(てんかたいへい)」
「五穀豊穣(ごこくほうじょう)」
「万民快楽(ばんみんけらく)」
などを願って祈りを捧げ、
人々に代わって懺悔(さんげ)の行を勤めるものです。
前行、本行をあわせてほぼ1ヶ月、
準備期間を加えれば3ヶ月にも及ぶ大きな法要となります。
俗に「お水取り」と呼ばれ、
開行以来一度も欠かされること無く行われてきました。
これは旧暦の二月に行われていたので、
二月に修する法会として「修二会」と言います。
現在は太陽暦を採用して3月1日から14日まで行われています。




なぜ「お水取り」と言うのか?
 3月12日の深夜 (正確には13日の1:30頃)に
若狭井(わかさい)で本尊に供える香水(こうずい)を
汲み揚げることからそう呼ばれます。

 その由来は、
昔、実忠和尚が十一面悔過法要中に、
全国の神の名前を唱えて勧請した時、
若狭の国の遠敷明神(おにうみょうじん)だけが、
遠敷川で魚をとっていたために勧請に遅れたので、
その責任をとって明神が、「遠敷川から水を送る」
と言いお祈りをあげたところ、
地中より二羽の黒白の鵜が飛び立ち、
そこから聖水が湧き出たとのことです。




東大寺二月堂修二会(しゅにえ)
 この行法は東大寺の二月堂の本尊、
十一面観音に、僧侶たちが世の中の罪を一身に背負い、
代苦者、すなわち一般の人々に代わって苦行を引き受ける者となり、
苦行を実践し、国家安泰等を祈る祈願法要です。
 俗にお水取りとよばれ、
今年(1999)で1248回目となり、
開行以来一度も欠かされたことがない行法「不退の行法」です。
この行法は、
もともとは旧暦の2月1日から2月14日まで行われていた行事で、
2月に修する法会として「修二会」といいます。
現在は太陽暦を採用して、
3月1日から3月14日まで二月堂で行なわれている。







案内


  やの鍼灸接骨院
☆大阪 松原市 河内天美にある鍼灸接骨院☆

短期施術・早期回復がモットー!

子供から年配者まで
幅広く来院されてます

有資格の院長が問診から
施術まで直接担当します。
・鍼師
・灸師
・柔道整復師
・カイロプラクティック理学師


祝祭日も受付してますので
平日お忙しい方も安心して
施術受けて頂けます。


★受付時間
・AM9時 ~PM12時(予約優先)
・PM4時 ~PM 7時(予約優先)

・PM12時~PM 4時(予約制・往診)
(木・土・祝祭日の午後は予約制)
 祝祭日も受付してます。 


★休術日:日曜日

時間



★施術内容
・骨折・捻挫・打撲・挫傷
 (各種保険取り扱い)

・交通事故
 保険取り扱いしてます
 
*慢性疾患においては
 下記施術方法にて行います
 ・鍼灸
 ・カイロプラクティック
 ・光線療法(カーボンアーク灯)

症状や施術方法を説明させて頂きます。
負担無く無理な施術は致しません。
ご安心してください。


★下記症状の方が来院されてます。
頭痛  (偏頭痛・眼精疲労など)
首の痛み(寝違い・むち打ちなど)
肩の痛み(四十肩・五十肩など)
腰の痛み(坐骨神経痛・ぎっくり腰など)
自律神経(不眠など)
姿勢矯正仮性近視・不妊症 スポーツ外傷など
小児鍼(かんむし、夜鳴き、夜尿症、仮性近視など)
以上の症状またはそれ以外の症状で
お悩みの方はご相談下さい。


やの鍼灸接骨院MAP
スポンサーサイト

コメント

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
タグリストとサーチ

> this entry
> tags