プロフィール

やの鍼灸接骨院

Author:やの鍼灸接骨院
築45年以上の長屋の一室で、
待合室はトトロでいっぱい・・・
アットホームな雰囲気の施術所です。

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
月別アーカイブ
リスト

3月3日は・・・





◇上巳[じょうし],桃の節句 
上巳の節句は五節句の一つで、
元々は3月上旬の巳の日だったが、
後に3月3日に行われるようになった。
旧暦では3月3日は桃の花が咲く季節であることから
「桃の節句」とも言われる。

古来中国では、
上巳の日に川で身を清め不浄を祓う習慣があった。
これが平安時代に日本に取り入れられた。
後に、紙で小さな人の形(形代[かたしろ])を作ってそれにけがれを移し、
川や海に流して不浄を祓うようになった。
この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。





◇雛祭り
女の子の健やかな成長を願う伝統行事。
女の子のいる家庭では、
雛人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の花等を供えて祀る。

上巳の日には、
人形に穢れを移して川や海に流していたが、
その人形が次第に精巧なものになって流さずに飾っておくようになり、
雛祭りとして発展して行った。

雛祭りは始めは宮中や貴族の間で行われていたが、
やがて武家社会でも行われるようになり、
江戸時代には庶民の行事となった。

元々は、
5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたが、
江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、
端午の節句は菖蒲の節句とも言われることから、
「尚武」にかけて男の子の節句とされるようになった。





○耳の日
日本耳鼻咽喉科学会が1956(昭和31)年に制定。

「み(3)み(3)」の語呂合せ。
また、三重苦のヘレン・ケラーにサリバン女史が指導を始めた日であり、
電話の発明者グラハム・ベルの誕生日でもある。





案内

  やの鍼灸接骨院
☆大阪 松原市 河内天美にある鍼灸接骨院☆

短期施術・早期回復がモットー!

子供から年配者まで
幅広く来院されてます

有資格の院長が問診から
施術まで直接担当します。
・鍼師
・灸師
・柔道整復師
・カイロプラクティック理学師


祝祭日も受付してますので
平日お忙しい方も安心して
施術受けて頂けます。


★受付時間
・AM9時 ~PM12時(予約優先)
・PM4時 ~PM 7時(予約優先)

・PM12時~PM 4時(予約制・往診)
(木・土・祝祭日の午後は予約制)
 祝祭日も受付してます。 


★休術日:日曜日

時間



★施術内容
・骨折・捻挫・打撲・挫傷
 (各種保険取り扱い)

・交通事故
 保険取り扱いしてます
 
*慢性疾患においては
 下記施術方法にて行います
 ・鍼灸
 ・カイロプラクティック
 ・光線療法(カーボンアーク灯)

症状や施術方法を説明させて頂きます。
負担無く無理な施術は致しません。
ご安心してください。


★下記症状の方が来院されてます。
頭痛  (偏頭痛・眼精疲労など)
首の痛み(寝違い・むち打ちなど)
肩の痛み(四十肩・五十肩など)
腰の痛み(坐骨神経痛・ぎっくり腰など)
自律神経(不眠など)
姿勢矯正仮性近視・不妊症 スポーツ外傷など
小児鍼(かんむし、夜鳴き、夜尿症、仮性近視など)
以上の症状またはそれ以外の症状で
お悩みの方はご相談下さい。


やの鍼灸接骨院MAP
スポンサーサイト

コメント

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
タグリストとサーチ

> this entry
> tags